2016/05/11 22:17

こんにちは。はだかんぼねずみ商店 こうほう係さばねこ です
「超・読書家」という程でもないのですが、スキな作家さんの本は電子の本ではなく紙の本で買い占め読みふけます
本の必需品なのが、しおり!
買った時についている紙のしおりは、本のなかに引っ込んじゃったり曲がったりなのです・・・

「活版画<かっぱんが!>」で描いたしおり(ドッグイヤー)を発売しました!


マグネットタイプで、ページをはさみます。これで引っ込んだりずれたりしませんね
目印になる「犬耳」「猫耳」は、コルクに活版画で印刷(今回は少し活版です)
ぱっと見てすぐ開けるように、大きめの目印になっていますっ

ドッグイヤー(Dog-ear)とは、本の端っこを折って印にすることをいいますが——

「たいせつな本を折りたくない!」
ということで、いぬさんねこさんも、耳を折ってくれました
犬耳(ドッグイヤー)と猫耳(キャットイヤー)です!ありがとうございます

いぬさんのセットと、ねこさんのセットをご用意していますので、お好きな方をお手に取ってくださいね
(と言ってはおりますが、どちらのセットも仲良く、どちらも1つ入っています)


あなたのたいせつな、だいすきな本や雑誌を、いぬさんとねこさんが耳でお知らせします

それでは、また次回お会いしたいです。右手の爪のほうが早く伸びる、さばねこでした
:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:.
★ワッツさばねこさん?:おされスキーのさばがらのねこさん
→掲載していますまんが『うるとらきゃらめろうこーほー局』は、はだかんぼねずみにて公開しています

What's Kappan-GA?

うまくない画を凸凹印刷の技術で
触れるゆるんゆるんの画「かっぱんが」を描いている『はだかんぼねずみ』のお店です。


全ての工程(デザインから印刷)を手作業で行なっております。
同じ絵柄を何枚も印刷することはできますが
さほど多くの枚数を刷ることはできず
時折かすれ・にじみが起こり「正確できれいさ」はございません。
一枚一枚にその一回だけに起こるハプニングがございます。
同じ絵柄でも、世界で2枚目はないゆるんゆるんの『かっぱんが』グッズを
凸凹の感触とともに、ぜひお楽しみいただければ、幸いでございます。

立体感のあるゆるんゆるんの画…本当に可愛いんですかっこいいんです。

© HADAKANBONEZUMI